先日、ある音楽仲間が、「運動会シーズンだし、ミュージシャンの運動会とかやってみたら面白いかも」という話をしているのを聞いて、私もそれ面白そうだなといろいろ想像してみました。

障害物競争ならぬ、「アドリブ競争」とか、応援合戦の代わりに「パフォーマンス合戦」とかいろいろ出来そうじゃんってw

で、多分傑作になると思ったのがあれです。

部活対抗リレーとかありませんでした?中学校とかで。
私は美術部だったので、いろんなものをバトン代わりに持って走りました。

「ムンクの叫び」の模写の絵を持って走ったり、美術室にあった石膏像を持って走ったりとか
かなりシュールな事してましたwww
剣道部はフル装備に裸足だから一番ハンデが大きかったなとか。

これをもし、各楽器パート別対抗リレーにしたらどんなおもろいことが起こるのかと妄想してみました。

◆出場パートを仮にこうしてみると
1.ボーカル
2.ギター
3.ベース
4.ドラム
5.キーボード
くらいにしておきましょうか。

◆ルール:バトンとして持つものについて、ボイパ及びそれに準ずるもの、ソフト音源は禁止とする

◆予想
個々人の走力はおいといて、バトン代わりに持つものだけで考えればおそらく

ボーカルが一番有利

実際どうなるのかの妄想はここから

◆各パート別作戦会議
とにかく、バトン代わりにするものをいかに軽量化するか、でなおかつ、誰から見てもそのパートであると認識できなければならないとなった場合

1.ボーカルの場合
「やっぱりマイクだよね」
「うん、無駄にマイクスタンドとか持たなくていいし」」
「折角だからボーカルらしく何でもいいから1曲決めて、第一走者がAメロ、第二走者がBメロ、第三走者がサビ、アンカーが大サビで繋ぐとかどう?」
「いいね!じゃあそれにしよう!」

2.ギターの場合
「どれにする?」
「俺はリッケンバッカーがいい」
「いや、走るのに有利なのはストラトだろ」
「レスポールじゃないと見た目的に嫌だ」
「アコギならエフェクター不要だから軽いんじゃね?」
「音出さないし、コケた時の衝撃を考えるとエレキのがいいよ」
「じゃ・・・ウクレレで」(満場一致)

3.ベースの場合
「これってさーうちら一番不利な気がする。だってデフォルトで重いじゃん。」
「エレキでもアコースティックでも重いし。」
「シンベは?」
「もっと大変だよ。」
「じゃあさ~もうパフォーマンス狙いでいこうぜ。全員コスプレとか。」
「決定!」

4.ドラムの場合
「ドラムって選び放題だよな。一番軽量化出来て渡しやすいのはスティックだけどどう?」
「理には適ってるけどなんかつまんなくね?スネアとか持ちたい。」
「シンバル鳴らしながらとかは?」
「1位だったらカッコイイけどそうじゃなかったらうるさいだけだよ。」
「やっぱりスティックが無難か~。」

5.キーボードの場合
「まず、走者を募るのが大変なパートに於いて、よく集まってくれた。礼を言う。」
「よく考えるんだ。キーボードってかな~り種類あるぞ」
「だったらもうあれしかないよね。」
「うん、あれしかない。」
「鍵盤ハーモニカ!!」

さて結果はどうなるんでしょうか??
意外とボーカルが歌いながら走ってコケたりして不利だと思われていたパートが勝ってたりして。

なんだか本当にやってみたくなってきちゃったな~

というわけで強もライヴ告知。

☆10月のライヴ☆
※10月のライヴは普段の彩葉永華ではないパフォーマンスになりますので、予めご了承下さい。

10月15日 MPJ LIVE FIVER
会場:駒込K2O
OPEN:13:30 START:14:00
Charge:¥2,000+ドリンク代(MPJ会員様は割引で¥1,500+ドリンク代)
出演
ClockLop/ユウキ/熱気ロジャー/橘亜耶/恵中瞳チーム
栗樹いずみ/はぃぱぁきゃっと/ゆきねこ/葉月汐理

◆どう普通じゃないのかについて
この日はMCを担当します。出演もしますが、この日は「ゆきねこ」というアコースティックアニソンユニットでの出演となり、名前は彩葉永華ではなく「氷川雪瑠」です。ピアノは弾かずに歌います。コスプレで出てきます。

10月21日 カッツンハロウィンコスプレパーティ
会場;小田急相模原 T☆Rocks
OPEN:15:45  START:16:15
Charge:1500円+1ドリンク
出演
某音楽教室 在校生1名/はく/Atu/彩葉永華/ギャラクシーローバー/のこ/neeg/みらいあいこ/カッツン/~カッツンビンゴ大会~コスプレのお客様は1ドリンクサービス!
出演時間:18:00~

◆どう普通じゃないのかについて
その名の通り「コスプレ」です。自分の曲をやるのかやらないのか、どんなコスプレなのか。
ちなみに前回は「初音ミク」でした。