プロフィール

茨城県出身。4歳よりピアノを習い、高校までクラシックピアノを続ける。

なりたいものは音楽家、医者、小説家のどれかだったため、ピアノを弾くほか、小説を書いたり医学書を読んだりする小学生時代を過ごす。しかし、中学生時代の職業体験で病院での実習を行った際に、血が苦手だという事実に気づき、医者は選択肢から外れる。

その後小説を書く傍ら、なぜか万葉集にハマり短歌を詠み始めるが、不意に14歳から作詞作曲を始める。16歳でDTMに出会い、お年玉でSSW6を買って打ち込みを始める。バイト禁止でオーディオインタフェースやその他の機材を買えない為、SSW6をインストールしたPCに、ラジカセとカラオケ用マイクを使用して初めての宅禄を実現。少しでも音響を確保しようと、祖父に習った木工で簡易スタジオを作成したりする。

また、高校では合唱部でコンクール出場やミュージカルなどを経験。これが現在の弾き語りミュージカルの基盤となる。

自宅の近くにライヴハウスなどがあまりなかったため、学校の学園祭他、教室や廊下でライヴを行い、19歳で初めて水戸のライヴハウスに出演。この当時は自作のオケ音源を持ち込んでの演奏だった。

初めてのライヴは出来が悪すぎて次回出演を断られるもめげずにそこから1年間、大学の前のアトリエを借りて毎月ワンマンライヴを行う。こんな風に書くと相当すごいが、実は当時ブッキングというものを知らなかったのでワンマンをやっていたのだった。この頃から、DTMを使用したオケ音源使用とピアノ弾き語り半々くらいの割合になる。

約1年後の21歳の時、MPJに出会い、初めて都内でライヴ。大学卒業を機に上京。都内を中心にライヴ出演をする他、バンドやシンガーのサポートkey、楽曲提供、イベント企画など手広く行う。

2010年 ディファ有明で開催されたTarget 2011に出場 この頃より、ピアノ弾き語りが主軸となる。

2011年 NYに短期留学し、Manhattan Transfer のJanis Siegelに師事

2014年に彩葉永華に改名。2015年より活動範囲を神奈川まで拡張。

音楽活動と並行して2016年には製菓の資格を生かし「彩葉永華のスイーツパラダイス」や

2017年には「彩フェス」や「彩の酒場」など独自のイベントを多く展開。

作風については、元々はクラシックピアノを習いつつ小説家を目指していた為、

物語風に書かれる詞とクラシカルなピアノ、時には語りも混ぜて

絵本の様な世界を展開するミュージカル風弾き語りを展開するという特徴がある。

◆リリース情報 (2014よりfaces musicからリリース)

2009年8月 デモ音源「華物語・華詞」

2014年9月21日 1stシングル「忘却カナリア」

2015年9月27日 1stアルバム「太陽に恋したヒマワリ」

現在2ndシングル及び2ndアルバム制作中

◆楽曲提供 (主にインディーズアイドル)

2011年 あいむまりん「真珠の涙」作曲

2012年 骨董アイドル コットーちゃん!「sobachoco」作曲

2014年 夢姫しほ(ex ほしのしほ)「恋はlittle cat」作詞・作曲

2015年 夢姫しほ(ex ほしのしほ)「いただきますです」作曲

◆現在の主な活動

・MPJ(Music port Japan)会員としてMPj主催ライヴやコンペ、オーディションに参加

・faces musicにてリリース音源制作、所属アーティストのサポートkeyなど

・彩葉永華ソロでピアノ弾き語りライヴ(これが主)

Twitter @kiminohimawari