月別: 10月 2017

「思いたがってしまう」と「思ってしまう」

「思ってしまう」ではなく「思いたがってしまう」にしたのはどうしてか。
という質問を受けたことがありました。

というのは。どういうことかを、解説します。
ます、「思いたがってしまう」という言葉がこちらの作品についてのことなので、
参考までにリンク張っておきます。
「君のヒマワリ」 実際の作品はこちら

君のヒマワリ

さて、該当の箇所を引用してみますね。
>君の世界は広すぎて 僕はきっとそこから見える 風景の一つに過ぎないけれど
>優しい光に包まれては 君が僕だけを見てると 無理矢理でも思いたがってしまうよ…

ここの歌詞について、なぜ「思ってしまう」ではなく「思いたがってしまう」なのか?と
ご質問をいただいたことがありました。

これはとても面白いご質問でした。
確かに、「思ってしまう」でも成り立つのかもしれないからですね。

そこで私は明確な答えを持っていました。
ただのニュアンスや、一字一句の違いではない意味があるのです。

まず、「思ってしまう」だとこうなります。
>君の世界は広すぎて 僕はきっとそこから見える 風景の一つに過ぎないけれど
>優しい光に包まれては 君が僕だけを見てると 無理矢理でも思ってしまうよ…

結論から言うと、「思ってしまう」になった場合、そこに居る主人公像は、
「ただの自意識過剰なイタイ人」になってしまうのです。
相手に意識されているのか、眼中にないと思われてるのかに関わらず、
自分は相手に思われていると思ってしまう。
これただのストーカーですね。相手からしたら多分迷惑ですね。
だから、この歌詞に於いて「思ってしまう」という言葉を使うと
「主人公がただのイタイ人で自己中な」台無しな世界観になってしまうわけです。
私はそんな歌を書いたんじゃない。

それを踏まえて「思いたがってしまう」とした場合はどうでしょうか。

「思いたがる」というのは、ひも解くと
「本当はそうじゃないと分かっている。分かっているけど、
分かった上でもなお、夢を見せて欲しい。相手には迷惑かもしれないけど、好きでいさせて欲しい」
という「健気な気持ち」が現れた言葉なのです。

この歌詞の原点になった経験でもありましたけど、私にだってありました、そんな経験が。
好きになった人に彼女がいたとか
相手は私を友達の一人としか思ってなかったとか
いろいろあるじゃないですか。

だから「分かっている」んですよね。
それでも「相手も自分を想ってくれてる」って「思いたがる」気持ちがある。
そんな歯がゆくて切なくて、でも割り切れない気持ち
それが「思いたがる」なんだと私は思っていて
この歌詞に書き留めたのもそういう健気さと切なさを表現したかった。
ということなのです。

以上、「思いたがる」論でした。

ライヴ告知
10月21日 カッツンハロウィンコスプレパーティ
会場;小田急相模原 T☆Rocks
OPEN:15:45  START:16:15
Charge:1500円+1ドリンク
出演
某音楽教室 在校生1名/はく/Atu/彩葉永華/ギャラクシーローバー/のこ/neeg/みらいあいこ/カッツン/~カッツンビンゴ大会~コスプレのお客様は1ドリンクサービス!
出演時間:18:00~

◆どう普通じゃないのかについて
その名の通り「コスプレ」です。自分の曲をやるのかやらないのか、どんなコスプレなのか。
ちなみに前回は「初音ミク」でした。

君のヒマワリ

「無断転載 など とにかく著作権に関する違反は禁止ね」

作品掲載  「君のヒマワリ」

君のヒマワリ                       
                                      詞・曲:彩葉永華

夏の香りが溶けて 花びらの目醒めを呼ぶ
真っすぐ見上げた空 君だけが眩しかった

届きそうに届かない 追いかけて追い付かない
そんな遊び繰り返しが 愛おしく重なって

君の世界は広すぎて 僕はきっとそこから見える 風景の一つに過ぎないけれど
優しい光に包まれては 君が僕だけを見てると 無理矢理でも思いたがってしまうよ…

キマグレ変わる空は また君を隠してしまう
突然の雨降りに 僕は今日も泣いている

縛られた地面を蹴って あの雲を破りたい
足りない強さ欲しがって 焦げ始めた想いよ

折れてしまうのは怖かった 遠くからだけ眺めてた でも今は怖がりたくないよ
たった一度だけ出会って すぐに落ちてしまった僕は きっと最初で最後の恋をしているから

君と作っていた 影法師の時計台
日に日に短くなり もう夏が往ってしまう

どんな空に君が居ても 僕の手は高く伸びて
虹を紡ぎ側に居たい そんな僕になりたい

折れてしまうのが怖かった 遠くからだけ眺めてた もう今は痛みも怖くないよ
次の夏にはもっと強い 僕になってここに咲くから どうかその時君のヒマワリにして

君と出会えたこの夏が  僕の幸せだったから… いつまでも君のヒマワリで居たい

ライヴ

運動会で各楽器パート別対抗リレーをやるとしたら

先日、ある音楽仲間が、「運動会シーズンだし、ミュージシャンの運動会とかやってみたら面白いかも」という話をしているのを聞いて、私もそれ面白そうだなといろいろ想像してみました。

障害物競争ならぬ、「アドリブ競争」とか、応援合戦の代わりに「パフォーマンス合戦」とかいろいろ出来そうじゃんってw

で、多分傑作になると思ったのがあれです。

部活対抗リレーとかありませんでした?中学校とかで。
私は美術部だったので、いろんなものをバトン代わりに持って走りました。

「ムンクの叫び」の模写の絵を持って走ったり、美術室にあった石膏像を持って走ったりとか
かなりシュールな事してましたwww
剣道部はフル装備に裸足だから一番ハンデが大きかったなとか。

これをもし、各楽器パート別対抗リレーにしたらどんなおもろいことが起こるのかと妄想してみました。

◆出場パートを仮にこうしてみると
1.ボーカル
2.ギター
3.ベース
4.ドラム
5.キーボード
くらいにしておきましょうか。

◆ルール:バトンとして持つものについて、ボイパ及びそれに準ずるもの、ソフト音源は禁止とする

◆予想
個々人の走力はおいといて、バトン代わりに持つものだけで考えればおそらく

ボーカルが一番有利

実際どうなるのかの妄想はここから

◆各パート別作戦会議
とにかく、バトン代わりにするものをいかに軽量化するか、でなおかつ、誰から見てもそのパートであると認識できなければならないとなった場合

1.ボーカルの場合
「やっぱりマイクだよね」
「うん、無駄にマイクスタンドとか持たなくていいし」」
「折角だからボーカルらしく何でもいいから1曲決めて、第一走者がAメロ、第二走者がBメロ、第三走者がサビ、アンカーが大サビで繋ぐとかどう?」
「いいね!じゃあそれにしよう!」

2.ギターの場合
「どれにする?」
「俺はリッケンバッカーがいい」
「いや、走るのに有利なのはストラトだろ」
「レスポールじゃないと見た目的に嫌だ」
「アコギならエフェクター不要だから軽いんじゃね?」
「音出さないし、コケた時の衝撃を考えるとエレキのがいいよ」
「じゃ・・・ウクレレで」(満場一致)

3.ベースの場合
「これってさーうちら一番不利な気がする。だってデフォルトで重いじゃん。」
「エレキでもアコースティックでも重いし。」
「シンベは?」
「もっと大変だよ。」
「じゃあさ~もうパフォーマンス狙いでいこうぜ。全員コスプレとか。」
「決定!」

4.ドラムの場合
「ドラムって選び放題だよな。一番軽量化出来て渡しやすいのはスティックだけどどう?」
「理には適ってるけどなんかつまんなくね?スネアとか持ちたい。」
「シンバル鳴らしながらとかは?」
「1位だったらカッコイイけどそうじゃなかったらうるさいだけだよ。」
「やっぱりスティックが無難か~。」

5.キーボードの場合
「まず、走者を募るのが大変なパートに於いて、よく集まってくれた。礼を言う。」
「よく考えるんだ。キーボードってかな~り種類あるぞ」
「だったらもうあれしかないよね。」
「うん、あれしかない。」
「鍵盤ハーモニカ!!」

さて結果はどうなるんでしょうか??
意外とボーカルが歌いながら走ってコケたりして不利だと思われていたパートが勝ってたりして。

なんだか本当にやってみたくなってきちゃったな~

というわけで強もライヴ告知。

☆10月のライヴ☆
※10月のライヴは普段の彩葉永華ではないパフォーマンスになりますので、予めご了承下さい。

10月15日 MPJ LIVE FIVER
会場:駒込K2O
OPEN:13:30 START:14:00
Charge:¥2,000+ドリンク代(MPJ会員様は割引で¥1,500+ドリンク代)
出演
ClockLop/ユウキ/熱気ロジャー/橘亜耶/恵中瞳チーム
栗樹いずみ/はぃぱぁきゃっと/ゆきねこ/葉月汐理

◆どう普通じゃないのかについて
この日はMCを担当します。出演もしますが、この日は「ゆきねこ」というアコースティックアニソンユニットでの出演となり、名前は彩葉永華ではなく「氷川雪瑠」です。ピアノは弾かずに歌います。コスプレで出てきます。

10月21日 カッツンハロウィンコスプレパーティ
会場;小田急相模原 T☆Rocks
OPEN:15:45  START:16:15
Charge:1500円+1ドリンク
出演
某音楽教室 在校生1名/はく/Atu/彩葉永華/ギャラクシーローバー/のこ/neeg/みらいあいこ/カッツン/~カッツンビンゴ大会~コスプレのお客様は1ドリンクサービス!
出演時間:18:00~

◆どう普通じゃないのかについて
その名の通り「コスプレ」です。自分の曲をやるのかやらないのか、どんなコスプレなのか。
ちなみに前回は「初音ミク」でした。

不注意で悲惨な姿になったしろくまくんのその後

先日、飲み会の後に勢いで買って帰った「しろくまくん」を、
放置したまま寝落ちしていまい、見るも無残な姿に溶かしてしまったということをSNSで報告しましたが
そのしろくまくんを冷凍庫にて冬眠させ、そして意を決して起こしてみました。

これがまず本来のしろくまくん


おーい、しろくまくん、こないだはほんとにごめんよ!起きてもらえるかい?
で、起こしてみたしろくまくん。

まず、蓋をあける。
ああ、案の定、見る影もない。。。
な表面は一面真っ白だ。本来のしろくまくんなら、フルーツをたっぷりのせて生き生きとしているのにげんきがない。
でもなんか泡立ってる。
まじすまなかった。せっかくのしろくまくんを、私が寝落ちして放置したばっかりに、無残な状態にさせてしまったのでから。



心からしろくまくんにすまないと思いつつ、起こしたからにはさくさくと掘り進んでみる。
本当なら、誇らしく表面に飾ってあったみかんやいちご、そしてあずきはどこにいるのだろう。

まずあわあわになってる表面を削って食べてみる。ビールの泡みたいでこれはこれで良かった。
ざくざく。
ざくざく。
しろくまくんがアイスクリームではなく、氷菓なのがせめてもの救いだったと思う。まじで。
溶けて再結晶した練乳氷菓はなんていうか、アイスバーンのように薄くて鋭い氷になっていた。
あ、アイスバーンって薄くないか。まあいいや。

すこし掘り進んだらやっと
みかんに会えた!いちごもいる!
会いたかったよ~><


こんなに埋もれていたなんて、申し訳ないことをしてしまった。
みかんといちごを拾いつつミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡  正直、感動した
はい、まだまだ捜索は続きます。
あずきちゃんがまだ行方不明なのだ。

とそこで私はある事に気が付く。

味、濃くね?

理論的に考えればそれもそのはずかもしれない。
練乳は多分、重いから沈む・・・

まあ甘党ならたまらないレベルですんでいるので問題なし。
やけにさくさくしてきたな。



もう少し。あと一息。
溶けてきた。春はもうすぐじゃないか。

そしてついに、あずきを発見!
下に沈んでずっと救助を待っていたようだ。。。


これにて完食。宝さがしのような、捜索のような。
しろくまくんをこんな風に食べるなんて、そうそうないよな。
しろくまくん、本当にすまなかった。

で、後日リベンジとしてちゃんと本来の姿のままのしろくまくんもいただきました。
めでたしめでたし。

☆10月のライヴ☆
※10月のライヴは普段の彩葉永華ではないパフォーマンスになりますので、予めご了承下さい。

10月15日 MPJ LIVE FIVER
会場:駒込K2O
OPEN:13:30   START:14:00
Charge:¥2,000+ドリンク代(MPJ会員様は割引で¥1,500+ドリンク代)
出演
ClockLop/ユウキ/熱気ロジャー/橘亜耶/恵中瞳チーム
栗樹いずみ/はぃぱぁきゃっと/ゆきねこ/葉月汐理

◆どう普通じゃないのかについて
この日はMCを担当します。出演もしますが、この日は「ゆきねこ」というアコースティックアニソンユニットでの出演となり、名前は彩葉永華ではなく「氷川雪瑠」です。ピアノは弾かずに歌います。コスプレで出てきます。

10月21日 カッツンハロウィンコスプレパーティ
会場;小田急相模原 T☆Rocks
OPEN:15:45  START:16:15
Charge:1500円+1ドリンク
出演
某音楽教室 在校生1名/はく/Atu/彩葉永華/ギャラクシーローバー/のこ/neeg/みらいあいこ/カッツン/~カッツンビンゴ大会~コスプレのお客様は1ドリンクサービス!
出演時間:18:00~

◆どう普通じゃないのかについて
その名の通り「コスプレ」です。自分の曲をやるのかやらないのか、どんなコスプレなのか。
ちなみに前回は「初音ミク」でした。

10月8日 秋葉原 秋田犬で生誕祭でした

続きまして、その翌日10月8日は、秋葉原の秋田犬。

楽曲提供だったりライヴ共演などで関わらせていただいている日本酒アイドルユニット「RICE-HEART」の大盃三佳ちゃん生誕祭に参加いたしました☆

みかちゃんのリクエストにより、この日は演者全員が巫女さんの衣装で!

巫女さんの衣装は初めて着るのでワクワクしました♪

気に入った♪

自分のソロの他、みかちゃんソロの時のサポートピアノでも主演。

「風に遊ばれて」をアコースティックで。

自分のセトリはこんな風

1.Happy birthday to you

2.運命(さだめ)の星座

3.勿忘草物語

4.Circle of life(Crimson-Fang)

最後の曲は弾き語りせずに客席乱入したり、お客さんに歌わせたり奔放にやらせていただきました^ ^

アイドルライヴに出演すると、敢えて弾き語りせずに歌って踊ったりということも出来るので、

これはこれで普段見られないパフォーマンスが見られる、

ということで良いのかなと思います♪

そして何より会場の一体感すごいね!

最後はみんなでサプライズ!

この日の為に制作した

「birthday candle」を合唱!

そして振る舞い日本酒!

楽しいバースデーになってよかったですね!

10月7日 阿佐ヶ谷 ありがとうございました☆

遅くなりましたが10月7日

阿佐ヶ谷next Sundayのライヴありがとうございました!

国際宇宙週間と連動したイベントということで、会場にはプラネタリウム

パフォーマンスの合間合間に「宇宙おじさん」の映画

そして「生命」をテーマにした朗読劇と

4組のライヴ

主催のしーのさん曰く

「テレビ番組的なイベントを目指した」ということでしたが、本当にまるでテレビの宇宙特集のようで、全体通して面白いイベントでした!

「宇宙おじさん」の映画はなんだか、哲学的というか詩的な感じがして、

観ながらいろんなこと自然と考えてしまうというか。

日常で忙しくしてると知らない間に思考が必要最低限になってしまうものですが、

宇宙の中にそういう狭くなった思考をぶん投げて自由に遊泳させることができるような内容でした。

さて、私はこの日

宇宙をテーマにしたシングル

「SUPER NOVA」の発売日。

宇宙案内人という設定で、

全身お星様で☆

演目

1.Green-flash-

2.星が生まれる夜

3.劣等なきらきら星

4.運命(さだめ)の星座

しーのさん、お疲れ様でした。

阿佐ヶ谷next Sunday様、皆様、ありがとうございました!

いきなりレコ発!10/7阿佐ヶ谷NextSunday!

「いきなりステーキ」気持ち良くわかります。思い立ったらリリースしたい!そんなことを思いついたのが、9月の初旬。

10/7日に阿佐ヶ谷NextSundayで行われる「国際宇宙週刊」に関連したイベントに参加することになってからでした!

私は幼少の時から天文学が大好きで、宇宙やギリシャ神話、星座の話を漁る様に読んでいました。そして、宇宙や星空をテーマにした曲も沢山生まれてきました。

そんな折に誘っていただいた「fool on the planet」まさに私にぴったりのイベントです!

折角なので、宇宙をテーマにした作品をリリースしたい!そんな思いで臨時的にシングルCD

「SUPERNOVA」を発売させていただきます。

思いついてから1か月という短納期。無茶を聞いてご協力くださったFacesmusic様、心より感謝申し上げます。

会場限定販売、500円でご購入いただけます。是非よろしくお願いいたします。

勿論ご来場のほうもよろしくです。

017/10/7(土) 阿佐ヶ谷ネクストサンデー 

「国連世界宇宙週間」と連動!!『Fool on the planet』

◼︎開場 18:30 ◼︎開演 19:00 ◼︎終演 21:30予定 その後は時間許す限りBARタイム
■チケット 2000円(+ドリンク500円)

「宇宙」「惑星」「天体」といったキーワードとともに、
様々なエンターテイメントが融合したライブイベントです!

ライブハウスにプラネタリウムのキットとプロジェクターを持ち込みして作り出された
特別な空間で繰り広げられる、一夜限りのステージです!

◼︎出演
ky(鷲平ケイ&yu-ki)/Peek A Boo(yaji&マリコ)/彩葉永華/杉本亮/熊谷菜々美/岩戸千晴/佐藤寿夫

◼︎演出・出演 si-no ◼︎動画協力 スアレスミノル