月別アーカイブ: 2018年10月

「ハングリー」な気持ち②

「ハングリー」な気持ちを感じる場面を数えると、つい人と比べて複雑な気持ちになったりする以外にも、
なんとなく羨ましくなったり、自分にスパルタを課してみたり、あるいは気持ばかりが先走ったり、
ハングリーにも色んな種類がある。
そして実は、それらの気持ちは最終的に全て、「自己実現欲求」のようなものに繋がっている様に思える。

だからこそ「羨ましい」という気持ちが生まれ来るんだろう。
本当は自分がそうなりたい対象で、尚且つ自分がそうなれていないものになれている誰かがいたとしたら、
そりゃ黙っていられないはずなのだ。

『羨ましさは本当は自分がそぉなりたいからなんだ。
そんな自分が嫉妬するブスに終わらない様に出来ることはやってみる!だってやりきったら納得できるもん!』
(7:07 – 2013年9月10日 )

そう。そこでもし、結果がどうなるかはわからないとしても、出来る事がありそうならまずやってみる事。
勿論、叶えば一番いいけれど、良い結果にならなかったとしても多分、なにもしなかったよりは満足すると思う。

一番良くないのは、このツイートにある通り、やろうと思えば出来たであろう事すらせずに、
何もしない為の言い訳に終始して、いつの間にか機会を失い、なりたかった自分になれている、
あるいは形は違えど何らかの形で自己実現している他人に嫉妬し続ける余生を送る事だと思う。
間違いなくブスになる。どんなに美人でもイケメンでも、絶対に醜くなる。そんな風にあと何十年過ごしてたら不幸じゃないか。
ハングリーさは持て余すとだんだん、自分の中で焦げ付いて来る。だから、燻ってないで何かしら行動するのが大事なんだ。

少し話は逸れるが、人間の三大欲求のほかにもう一つ、創作欲求というのを私は持っている。
私は、というか、創作活動をする人はきっと創作欲求含めて四大欲求の人が多いんじゃないかと思う。
これもある意味でハングリー精神の一種だ。

どんな風に出てくるかというと、食欲の様に欠乏感が出てくるのとは違うし、
睡眠欲の様に生命の危機を感じるようなのとも違う。もしかすると性欲の親戚かもしれない。
ちょっと下品な言い方をすると「出したい」。
自分の脳内なり、心の中なんかに、何かを外に向かって表現したい、
つまり「出したい」という欲求が放っておくと天然温泉の様にどんどん湧き出てくるから仕事に集中出来なくなったりして大変だ。

ただ、創作欲求の難しいところは、そのまま出すだけじゃ作品にならないところで、じっくり出てきた欲求と向き合って、形にしていかなければならない。この作業に結構時間と労力を要している間に、また次の創作欲求(アイディアと呼ぶのが良さそう)が出てきて作品化が追いつかず、以下のツイートの様になってしまう。

『私は多分熟れた果実の様に創作欲求をもて余してる。はやくジャムになってしまいたいと想いながら、そのまま委ねるわけにはいかずに結局自分の手をベタベタにしながら煮詰めるしかないのね。』
(7:18 – 2013年9月27日 )

そうだ。もし、寝て起きたら仕上がっていたなんていうものならばどんなに楽なんだろう。勿論、ごくたまにそういう事もあるけど、大抵は無理な話だから。
でもそれくらいアイディアが出てきてくれるのは創作をする者にしてみればこれ程有難い事はない。あとはもう少し処理速度が上がれば言う事なしだ。。。。。

色んな形で時々噴出してくるハングリーな気持ち。
それを醜いから、カッコ悪いからと抑圧したりせずに、「そう感じる時もある」と自分で受け止める。
以前はもしかしたらそれが出来ていなくて、「自分が未熟だから」とか「根性がないから」と、
反省のような生産性のあるものじゃなくて、根拠もなくただ自分を責めるだけだったかもしれない。
そこからは何も生まれる事はなくて、嫌な気持ちが未解決事件の様に気持ち悪く残っただけ。
しかも、自信を無くすというとんでもないおまけまでついていた。

主に酔っ払った時とは言え、ツイート上にそんな書き込みが現れる様になったという事は、
少しずつハングリーな気持ちを受け止める、認める事が出来るようになったのだろう。

『実はここまでがんばりたくなれるのって悔しい思いばかりしてたから100倍返しだ!って気持ちがあるためなんだ。良くできてるよなぁ。』
5:04 – 2013年10月4日

『すごいなぁと思うと同時にちくしょーと思うのは正常反応。負けたくないからこそそぉ思うんだよね!』
5:19 – 2013年10月4日

「アイアムハングリーって堂々と言える人は必ずや強くなる。』
5:21 – 2013年10月4日

よく分かって来ているじゃないか。「正常反応」だと言えるまでになっているなら、大丈夫。きっと「ちくしょー」を糧に100倍成長していけると思いたい。
ちなみに、「100倍返し」というのはこの頃流行っていたドラマ「半沢直樹」の名台詞である。

今の私は随分と負けず嫌いだけど、最初からこうだったわけじゃない。
少し前に書いた様に、悔しさや嫉妬なんかのマイナスな感情に向き合って、
認める事が出来るようになった時から、マイナスの感情を糧にしていけるようになった。
感情は出てくるのは仕方ないのだから、
たとえ出てきた感情が「死にたい」「殺したい」でもそれは「ああ死にたいんだな」「ああ殺したいほどムカついたんだな」でいいんだ。
それを行動に移すのはダメなのであって、感情が出てくるのは「眠い」「お腹減った」「トイレ行きたい」と同じなのだから。

ただし、過ぎたるは何とかという様に、限度を超えると大変だ。変にハイになって来たり、
他人にまで要求が増えて来たら一度冷静になる必要がある。

『逆境がもはや怖くない。どんどん来いとは言わないけど遂にこんな風に思えるところまで来たんだ。』
(5:09 – 2014年2月4日)

まずこっちはやたらとハイになってたかもしれない。
が、あながちそれだけではなくて、多
分何らかのそれまで超えられなかった壁を乗り越えた達成感を覚えた日だったんだろう。これだけ強気になれるという事は。

これはまだいいとして、気をつけないと危険なのは次のようなツイートが出る時だ。

「もう少し頑張りたいけど、自分に厳しくなるあまり他人にまで厳しくなるのは本末転倒なのでもう寝ますかな☆君を愛するために僕自身を愛する。これは間違ってない。」
(6:37 – 2014年2月5日 )

「もぉなんかハングリーすぎてどうしようだ。努力してもしても満足しなくて自分いぢめちゃうぅ」
(6:54 – 2015年11月21日)

一つ目のツイートの一人称がなぜ僕なのかはあまり気にしないで欲しい。
だいたい、私の書く詞は半分くらいが、一人称が僕になっているのだから。

努力しても満足しない。これは手ごたえを感じられていないか、
もしくは理想がより高いところにあって、手ごたえを感じつつももっと努力が必要なのかどちらかの場合が多いと思う。

多分まずいのは、手ごたえを感じられてない場合に、きっと努力の仕方や努力する方向が間違っているんだが、そのままただがむしゃらにやり続けて拗らせて悪化するやつ。

理想が高いので、という場合にも、
いつになったら追いつけるのかと言う果てしなさと共にあるような下手したら絶望感スレスレの焦りで消耗するループにハマると、
疲れてしまうのでやはりまずい。

今もそんなに出来ているとは言えないけど、
こういうツイートが出てきそうな状態になった場合は、
努力してもダメな感じのダメがなんなのかを冷静に見つけるために一度休め。

あと、無闇矢鱈と「誰かみたいに」なろうとしていないかどうか。
悪い事じゃないけど、
自分の良いところをなくして誰かみたくなろうするよりもなりたい自分になる方がずっと早い。

ここまで沢山のハングリーなツイート
拾ってみたが、よくよくツイートを追って行ったらそんな気持ちにしてくれる存在ってものすごく身近に居たのだという事に気づかされる。

『弟ピアノ、妹ギター、私歌ってる。これでセッションだったら最高なんだけど、各人がバラバラに好きな事してるからすごいカオスな状況(笑)
』22:56 – 2015年11月21日

『変な話弟妹の練習のストイックさに焦せらされた。
』23:41 – 2015年11月21日

『人に見せられる演奏のクオリティの追求、その基準を恐ろしく高いところに持っている弟を見た事が今回の帰郷で一番私のためになった気がする。弟に感謝しとくわ。
』5:21 – 2015年11月22日

努力するモチベーションを保つ為には何かしら刺激があると非常に良いが、そういう意味で私はわりと良い環境にあった。。。

おやすみいただきありがとうございました。

13日、8月時点では出演予定だったコスプレパーティー

14日恒例の歌占ライヴ

この両日を欠席させていただくこととなり、主に主催者の方、申し訳ありませんでした。

実は実家で飼っているこの子が、もう14歳と犬としては高齢で、余生が長くなく、好きだった旅行に連れて行ってあげたい、と両親から打診がありました。

この子は私の事を上京してからもずっと好きで居てくれて、あまり帰れないのに、帰った時は一目散に駆けつけてくれてました。

だからどうしても、最後になるだろう旅行に一緒に行きたいと思って同行いたしました。

実際、ある病を患っているようで本当に長くないかもしれなく、

今回一緒にいられたのが貴重な時間でした。

年内になんとか、もう一度会える事を願っています。

おやすみありがとうございました!

3.ハングリーな気持ち①

(※画像は・・・そういう意味ではありません(笑)これまでの内容と打って変わってここから少し難しくなりますが、
特に意見などを求めているわけではないのでお気楽によんでください)

音楽活動をしていると、楽しい事が勿論多いけれど、それ以上に沢山大変な事がある。
お気楽にやってるならまだ良かったんだろうけどそう言うわけじゃないから尚更だ。

ライヴをはじめ、様々な活動を続けて行く中で、嬉しくなる事もあれば、絶望レベルに凹んでしまう事も少なくはない。
あまりネット上に愚痴を書いたりするのは良くないと思ってはいるが、
愚痴ではないにしてもそれに近いツイートをしてしまう事はどうしてもあるのだ。
特に飲みながらツイートしていると抑制が外れてすごい情報量の言葉を垂れ流していたりするから恐ろしい。

『わかるんだよなあなんか。誰も光になりたいって思ってる。
自分よりも眩しい光を見ると、だめなんだなあって自分が無価値に思える。
そうじゃないんだよなぁ。 比べるからいけないんだよなあ。』
(5:14 – 2013年8月9日)

恐らく何かしら、自分よりも優れた存在に出会ったか、コンプレックスを刺激される様な事があった時のツイートだろう。
そうなのだ。
実は光と影というのは相対的に見てどちらがより明るいか、暗いかの対比だったり、
光が射すと必ず何処かしらに陰ができるもので、
表裏一体となっているし、個別に見れば優劣なんて関係ないのだ。

私にとっての「眩しい光」となるものは大抵、
幼少期の嫌な思い出や中学生くらいの時の体験に端を発している気がする。
ここでその詳細を書くと、だいぶ流れを逸脱してしまいそうなので、
詳細にはまた機会があったら書く事にする。

幼少期、だいたい幼稚園くらいから、中学生くらいまでの私は、今とは全然違ったキャラだった。
というか、素質の部分は何も変わっていなくて、
今の様に自由になれず、自分自身でいる事が全くできていなかった。
もともと内向的で幼稚園や学校の様な大人数を基本とする集まりの中に入っていくのが苦手だった事もあって、
幼稚園の頃は登園すると一言も喋らなかったので、だいぶ先生を困らせていたらしい。

家に帰ると打って変わって開放的になるし、
当時から通っていたピアノ教室では試験や発表会でも
「緊張」という言葉が辞書にないくらいの度胸の持ち主だったにも関わらずだ。
(単純に鈍感だったのかもしれないが)

そんな風に大人数の中に上手く入れずに浮いてしまいがちだった事が多くて、
いつの間にか「自分は周りに受け入れてもらえない」と感じるようになっていた。
浮いてしまう自分はなんか劣っているというか、ダメなんだろうなと。

だから、クラスの中心にいる様なキャラを持っている人に出会うと
「うわっなんか眩しい」という具合に拒絶反応が出てしまう事があるんだろうと思う。
いわゆる「人気者キャラ」とか「愛されキャラ」ってやつだ。
音楽活動に置き換えるとやたら愛想良く物販で色々売ってたりが出来る子とか
。それを仮に真似しようとしたところで不自然になるのでどちらかというとMCで笑いを取ったりする方向で今に至る。

本当は「眩しい」と思っているそれって、種類は違っても必ず自分の中に存在しているんだと思う。
誰の中にも必ず。
それをちゃんと引き出せるか、抑え込んで閉じ込めてしまうのか。

自分に対して「彩葉永華」という名前を与えてはじめて、
私自身の中に存在する光はちゃんと引き出せるようになった気がしていて、
その為か変な話、本名の自分よりも彩葉永華の方が本当の自分の様に思えてくる事がよくある。

抑圧的にしていた=周りを気にしたり引っ込み思案で自由になれない自分を解放する存在が彩葉永華なんじゃないかなと今も思う。
だから社会的に必要がある場面以外ではわりと、彩葉永華で通っている場面が多くなっている。

※このエッセイ集「翌朝、記憶にないツイートで埋まっている」に関する前書きはこちら