2021→2022ご挨拶

昨年中は大変お世話になりました。本年も彩葉永華をどうぞよろしくお願いいたします!

2021年もまさに駆け抜けるかの様に。クリスマス辺りからカウントダウンの瞬間までは特に振り返る間もなくイベント!イベント!でもうあっちゃこっちゃで飲みっぱなし演りっぱなし、よく二日酔いにならなかったものですw

2021年の歌い納めは中野新橋バーペガさんでした。2021年内にもう一度歌っておきたかった曲を歌わせていただきました。

1.散る花と硝子細工

2.柘榴の春

3.夏スミレ

4.協和音仕掛け

5.忘却カナリア

2021年は、実を言うとこれまでで一番作った作品数の多かった年でした。

昔のリメイクを含めて曲を完成させました。

完成品だけ数えると21曲!そりゃ1年が短いわけですよ(笑)

彩の酒場Tシャツつくったり、イベントとしての彩の酒場が復活したり。コロナに振り回されつつも、折り合い付けながら音楽の火を絶やさず頑張れた年だったと思います。

3月にリリースした「散る花と硝子細工」はドイツのオリコンJPOP部門で1位を獲得するなどの話題も出ました!(でもお金はそんなはいってませんがw)

そして作家としてはある舞台の脚本のお仕事をいただき、占い師としても安定してご依頼を頂けるようになり。とにかく全力疾走でした!

全力疾走していたらいつの間にか2022年になっていたというのが正直な所ですがw

やっぱり今の頑張りが大事なので、いつの間にか一年が過ぎているような毎日でも、実績に繋げられるようにしていきたいと思います!

本年もよろしくお願いいたします!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA