光と影」タグアーカイブ

4.光と影について考えていた

なんだか哲学的というか難しいというかそんな話が続くがお許し願いたい。こういう癖のある人なので、頭の中そのまま書き起こすとこんな風なのだ。
気付けばこの章は引用ツイートが1つしかない。きっとその発言に全てが集約されているんだろう。

光と影。もっと言うと光と陰もしくは、光と闇。

自分の作る作品の曲調はメジャーコードのものが多いし、基本的には根が明るい方だ。それでも何故かマイナーコードで作られた曲に惹かれる事が多くて、作詞の方は特に、作風が退廃的だった時期もあった。それは自分の中に抱えて来た闇の部分の表れでもあるかもしれない。

実を言うと、10代の頃は私の半分以上が闇だった。

今でこそ受け入れられているけど、本気で4歳くらいから人生をやり直したいと思ったことが何度もあった。

 幼少期から人見知りでうまく集団に入れず、一人で遊ぶ事が多い子供だった。

なぜ、他の子が抵抗なく集団になって遊んだり出来るのかが不思議で仕方なかったくらいで、幼稚園に入園すると、登園後はほとんど喋らない、という幼稚園時代を過ごした。
当時の私にしてみれば、友達の名前を呼ぶことでさえも、心の準備が必要だった。そんな風だから、会話を成立させるのは至難の技。幸いにも、心優しい上級生や同級生が一緒に遊んでくれていたのだが、私があまりにも口を利かないので、苦肉の策として、ままごとではだいたい、「赤ちゃん」か「ネコ」か「人形」の役に落ち着いていた。ままごとで人気の「お母さん役」は自分には到底、出来る自信がなかった。

連絡帳を見ると、先生は相当困って居た様だった。

そんな風だから、自分の中で幼稚園~中学校くらいまではまさに黒歴史なのだ。

今考えてもまぁ、勉強は出来たし運動もそれなりに出来たし、ピアノも弾けたし、優等生だったからそういう意味での自信はあったかもしれないけど、コミュニケーションに関しては本当にダメで、まともに友達とも遊べないわ、いじめられっ子だわ、恥ずかしくてしょうがない時代だった。

それを浄化して救ってくれたのが、多分音楽制作だったんじゃないかと思う。これがなかったらどうやって黒歴史と向き合っていたんだろう。もしかすると、心理カウンセラーか何かになっていたかもしれない。もしくは、見て見ぬふりをして過ごしていたのかもしれない。

今の道以外を歩んでいたらどうなっていたかはわからないけれど、少なくとも黒歴史を見て見ぬふりしていたら、今の自分はないな。直視すれば苦痛で、なかったことにしたい。自分の中での恥だから。

だけど経験しちゃったんだから一度は直視せざるを得ないんだろうな。一番傷ついたのはその時の自分である以上は。そうしなかったら誰も味方いないじゃないか。それ、辛すぎだろ。

だからどんな事情があったにせよ、出来るだけ差別的な視点は持たないようにしているんだ。一番闘ったのは本人だから。

『自分の中の闇を見つめた人って美しいなと思った。それって自分の全てを全力で愛せてる様に見えたから。』

5:48 – 2011年11月25日 

私は言ってしまえば、ステレオタイプはまず生きてこれなかった。何歳で~をして、っていう「当たり前」が当たり前じゃなかったやつ。そんな風に育つと、「ステレオタイプじゃない私はなんか知らないけど失格じゃないか」って思う瞬間が来る。

でもさ、全員が全員ステレオタイプだったら、違和感ありそう。大体世の中って、ステレオタイプを不自由なくゲットできた人が、幸せだと認識されるためには、その対比として逸脱した人がいるんじゃないかな。じゃなきゃそれ、平々凡々の日常だもんね。

バランスの法則というのがある様に。

もともと人には光の部分と陰の部分があるのだから、陰を良くないからと言って押し殺してあたかも光だけの存在であろうとする事など無理なんだよ。

※このエッセイ集「翌朝、記憶にないツイートで埋まっている」に関する前書きはこちら


3.ハングリーな気持ち①

(※画像は・・・そういう意味ではありません(笑)これまでの内容と打って変わってここから少し難しくなりますが、
特に意見などを求めているわけではないのでお気楽によんでください)

音楽活動をしていると、楽しい事が勿論多いけれど、それ以上に沢山大変な事がある。
お気楽にやってるならまだ良かったんだろうけどそう言うわけじゃないから尚更だ。

ライヴをはじめ、様々な活動を続けて行く中で、嬉しくなる事もあれば、絶望レベルに凹んでしまう事も少なくはない。
あまりネット上に愚痴を書いたりするのは良くないと思ってはいるが、
愚痴ではないにしてもそれに近いツイートをしてしまう事はどうしてもあるのだ。
特に飲みながらツイートしていると抑制が外れてすごい情報量の言葉を垂れ流していたりするから恐ろしい。

『わかるんだよなあなんか。誰も光になりたいって思ってる。
自分よりも眩しい光を見ると、だめなんだなあって自分が無価値に思える。
そうじゃないんだよなぁ。 比べるからいけないんだよなあ。』
(5:14 – 2013年8月9日)

恐らく何かしら、自分よりも優れた存在に出会ったか、コンプレックスを刺激される様な事があった時のツイートだろう。
そうなのだ。
実は光と影というのは相対的に見てどちらがより明るいか、暗いかの対比だったり、
光が射すと必ず何処かしらに陰ができるもので、
表裏一体となっているし、個別に見れば優劣なんて関係ないのだ。

私にとっての「眩しい光」となるものは大抵、
幼少期の嫌な思い出や中学生くらいの時の体験に端を発している気がする。
ここでその詳細を書くと、だいぶ流れを逸脱してしまいそうなので、
詳細にはまた機会があったら書く事にする。

幼少期、だいたい幼稚園くらいから、中学生くらいまでの私は、今とは全然違ったキャラだった。
というか、素質の部分は何も変わっていなくて、
今の様に自由になれず、自分自身でいる事が全くできていなかった。
もともと内向的で幼稚園や学校の様な大人数を基本とする集まりの中に入っていくのが苦手だった事もあって、
幼稚園の頃は登園すると一言も喋らなかったので、だいぶ先生を困らせていたらしい。

家に帰ると打って変わって開放的になるし、
当時から通っていたピアノ教室では試験や発表会でも
「緊張」という言葉が辞書にないくらいの度胸の持ち主だったにも関わらずだ。
(単純に鈍感だったのかもしれないが)

そんな風に大人数の中に上手く入れずに浮いてしまいがちだった事が多くて、
いつの間にか「自分は周りに受け入れてもらえない」と感じるようになっていた。
浮いてしまう自分はなんか劣っているというか、ダメなんだろうなと。

だから、クラスの中心にいる様なキャラを持っている人に出会うと
「うわっなんか眩しい」という具合に拒絶反応が出てしまう事があるんだろうと思う。
いわゆる「人気者キャラ」とか「愛されキャラ」ってやつだ。
音楽活動に置き換えるとやたら愛想良く物販で色々売ってたりが出来る子とか
。それを仮に真似しようとしたところで不自然になるのでどちらかというとMCで笑いを取ったりする方向で今に至る。

本当は「眩しい」と思っているそれって、種類は違っても必ず自分の中に存在しているんだと思う。
誰の中にも必ず。
それをちゃんと引き出せるか、抑え込んで閉じ込めてしまうのか。

自分に対して「彩葉永華」という名前を与えてはじめて、
私自身の中に存在する光はちゃんと引き出せるようになった気がしていて、
その為か変な話、本名の自分よりも彩葉永華の方が本当の自分の様に思えてくる事がよくある。

抑圧的にしていた=周りを気にしたり引っ込み思案で自由になれない自分を解放する存在が彩葉永華なんじゃないかなと今も思う。
だから社会的に必要がある場面以外ではわりと、彩葉永華で通っている場面が多くなっている。

※このエッセイ集「翌朝、記憶にないツイートで埋まっている」に関する前書きはこちら