3.ハングリーな気持ち①

(※画像は・・・そういう意味ではありません(笑)これまでの内容と打って変わってここから少し難しくなりますが、
特に意見などを求めているわけではないのでお気楽によんでください)

音楽活動をしていると、楽しい事が勿論多いけれど、それ以上に沢山大変な事がある。
お気楽にやってるならまだ良かったんだろうけどそう言うわけじゃないから尚更だ。

ライヴをはじめ、様々な活動を続けて行く中で、嬉しくなる事もあれば、絶望レベルに凹んでしまう事も少なくはない。
あまりネット上に愚痴を書いたりするのは良くないと思ってはいるが、
愚痴ではないにしてもそれに近いツイートをしてしまう事はどうしてもあるのだ。
特に飲みながらツイートしていると抑制が外れてすごい情報量の言葉を垂れ流していたりするから恐ろしい。

『わかるんだよなあなんか。誰も光になりたいって思ってる。
自分よりも眩しい光を見ると、だめなんだなあって自分が無価値に思える。
そうじゃないんだよなぁ。 比べるからいけないんだよなあ。』
(5:14 – 2013年8月9日)

恐らく何かしら、自分よりも優れた存在に出会ったか、コンプレックスを刺激される様な事があった時のツイートだろう。
そうなのだ。
実は光と影というのは相対的に見てどちらがより明るいか、暗いかの対比だったり、
光が射すと必ず何処かしらに陰ができるもので、
表裏一体となっているし、個別に見れば優劣なんて関係ないのだ。

私にとっての「眩しい光」となるものは大抵、
幼少期の嫌な思い出や中学生くらいの時の体験に端を発している気がする。
ここでその詳細を書くと、だいぶ流れを逸脱してしまいそうなので、
詳細にはまた機会があったら書く事にする。

幼少期、だいたい幼稚園くらいから、中学生くらいまでの私は、今とは全然違ったキャラだった。
というか、素質の部分は何も変わっていなくて、
今の様に自由になれず、自分自身でいる事が全くできていなかった。
もともと内向的で幼稚園や学校の様な大人数を基本とする集まりの中に入っていくのが苦手だった事もあって、
幼稚園の頃は登園すると一言も喋らなかったので、だいぶ先生を困らせていたらしい。

家に帰ると打って変わって開放的になるし、
当時から通っていたピアノ教室では試験や発表会でも
「緊張」という言葉が辞書にないくらいの度胸の持ち主だったにも関わらずだ。
(単純に鈍感だったのかもしれないが)

そんな風に大人数の中に上手く入れずに浮いてしまいがちだった事が多くて、
いつの間にか「自分は周りに受け入れてもらえない」と感じるようになっていた。
浮いてしまう自分はなんか劣っているというか、ダメなんだろうなと。

だから、クラスの中心にいる様なキャラを持っている人に出会うと
「うわっなんか眩しい」という具合に拒絶反応が出てしまう事があるんだろうと思う。
いわゆる「人気者キャラ」とか「愛されキャラ」ってやつだ。
音楽活動に置き換えるとやたら愛想良く物販で色々売ってたりが出来る子とか
。それを仮に真似しようとしたところで不自然になるのでどちらかというとMCで笑いを取ったりする方向で今に至る。

本当は「眩しい」と思っているそれって、種類は違っても必ず自分の中に存在しているんだと思う。
誰の中にも必ず。
それをちゃんと引き出せるか、抑え込んで閉じ込めてしまうのか。

自分に対して「彩葉永華」という名前を与えてはじめて、
私自身の中に存在する光はちゃんと引き出せるようになった気がしていて、
その為か変な話、本名の自分よりも彩葉永華の方が本当の自分の様に思えてくる事がよくある。

抑圧的にしていた=周りを気にしたり引っ込み思案で自由になれない自分を解放する存在が彩葉永華なんじゃないかなと今も思う。
だから社会的に必要がある場面以外ではわりと、彩葉永華で通っている場面が多くなっている。

※このエッセイ集「翌朝、記憶にないツイートで埋まっている」に関する前書きはこちら

3.ハングリーな気持ち①」への2件のフィードバック

    1. eikaofficial 投稿作成者

      読み返してみたら
      この回はツイータが1つしか出てきてないって言う(笑)
      ちょっとここからも長いですが、たのしんでいただける文章をかきます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA