2.飲酒の変遷①~翌朝、記憶にないツイートで埋まっている~

このエッセイ集「翌朝、記憶にないツイートで埋まっている」に関する前書きはこちら

思えば、いつからそんなに飲むようになったのか。
別に20歳になったばっかりの頃からよく飲酒していた訳ではなかった。

むしろ、大学を卒業するまではほぼ飲み会でしか飲まなかったし、
上京して何年かはビールすら苦手で大体チューハイとかカクテルがメインだった。
友人のバーには時々通って居たけど、自宅ではそんなに晩酌する方ではなく、
アイスコーヒーばかり飲んで居たような気がする。

記憶にある限りだと、大体2011年くらいから、自宅でも晩酌するようになったんじゃないかと思う。

その様子が記されたツイートが最初に登場しているのが、2013年9月だった。

『氷結が今日だけ100円とかかなりお買い得なのでケェスで買ってしまおう(^^)』
20:21 – 2013年9月28日

そうだ。
氷結が自宅での晩酌用のお酒として最初の頃に常用し始まったお酒だった。
同じ氷結でも本当に21歳くらいの頃は、ももとかぶどうとか、
比較的甘いやつしか飲めなくて、
グレープフルーツやレモンの氷結はそれから2年くらいかけてやっと好きになれたくらいだった。
今ではすっかりその逆だ。
日本酒やらビールを好きになってしまうと、かえって甘いお酒がダメになったので、
最近ではカクテルをあまり飲んでいない。

とは言えども、甘いお酒ばかり飲んでいたのだって自分で記憶しているよりもずっと最近ではないか。。。

『喘息で禁酒してたら甘いのが欲しくなってラテラテ☆そういや私いつも甘いワインとか缶チューハイとか甘いのばっか飲んでるんだわ(^^)』
(6:40 – 2013年12月2日 )

禁酒中はお茶ではなくてラテを飲んでいたというくらいだからもとい結構甘党だったのだな。
もしこのまま甘い飲み物が好きで居続けたら糖尿病になってしまうところだった。
って言っても日本酒とかビールとか何気に糖分多いからね!

2.飲酒の変遷①~翌朝、記憶にないツイートで埋まっている~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA